西洋

西洋とは19世紀後半に日本でおこっていて、中等教育で歴史教育によって昇進しました。
新しい主題の教授点は文部省による1894年の「東洋史」として発表されました。
そして、教科書はその翌年中で出版されました。
見ていたことは概念です。
しかし、「この意味の西側」で、「西洋」と呼ばれている概念を使っている欧米の国に関してはさえ、ヨーロッパの世界とアメリカ合衆国(例えば西洋のculture=西洋の文化)を含むヨーロッパの文化的な球のために明治期間をしているカ国場合を豊かにして、強化することは処置で日本によって主にしばしば仮定されます。
上記の意味の東洋、西洋の概念が植民地化した事実の後、「西側」は、その後専門用語としての東洋(東洋)の反意語であった点デント(西洋)相当として影響を受けるようになりました。
しかし、この使用は、狭義の使用です。
現在の年齢(東洋)には、西洋の意味がしばしば歴史的な見解で使われて、現代の語としての役割を終えます。
そのうえ、点Dent.But、西側の説明でない、それ相当が最後まで点デントの説明で、以下の定義が西側で使われます。
西側の(点へこみ)住民は、コーカソイドです。
また、バスク人のような未知の学校の住民が、彼らの間でいます。
東洋、西洋の二元性に襲われるとき、それは多極化界で、現在の年齢に関しては、中央アジア、北アメリカと南アメリカ、アフリカ、オセアニアのような視点を失いやすいです。
しかし、東洋(日本の近現代史で例をするならば西二元性)の古い考えから、逃れることができない多くの日本人がいます。
「ヨーロッパとアメリカ」は、現代の東洋(「西側」のための代用の西洋の二元性の前後関係)で多くで使われるようになります。