オクシデントについて

西洋を指す専門用語は西洋(西洋)を含みます。
そして、これは東洋(東部の世界)と対極を作っている西の世界です。
当初、それはラテン語で、中で「日が沈んだ場所」と呼ばれている意味でした。
そして、西の方向に曲がって、表しに来ました。
シリア・エジプトを古代のローマの年齢の「日の去るための場所(東洋)」と呼んだので、西洋でローマのまわりで西ヨーロッパの国自体を指さします。
欧米の歴史において、それはトルコのボスポラス海峡より西から、地域です。
東洋風がエドワード・サイードその他の研究によるわずかなのようなイメージとして批判されたとき、解釈のために西洋の拝金主義(利益プライオリティーのような考え方西洋の文化)を装うように見えました。
しかし、サイードは東洋と西洋の両方の名前を否定します。

オクシデントという言葉です。
そしてオリエントというのが東洋のことです。
このオリエントという言葉はきいたことがあるかもしれませんね!
逆にこのオクシデントという言葉はあまり聞いたことが無いような気がします。

しかし、西洋社会というものは非常に歴史的な価値があります。
特に宗教という面に関しては特にすごいような気がします。
西洋とは宗教に関連しているものになっています。