宗教の関係性

十字軍は、キリスト教地帯の領主からなる大規模な連合軍でした。
当然、十字軍に参加した領主には宗教的な動機で勝利の時に利益に予想があると思われます。
継続人が最初の十字軍によってさえエデッサ伯国またはアンティオキア公爵位のような領域の設立のために宗教的な情熱が中で強くなければならなくて、第4の十字軍に達する所で、嵐によるキリスト教ギリシア正教会国である東ローマ帝国の主要なコンスタンティノポリス(既存の椅子舌ブルドッグ)をして、ラテン帝国を建設するようで、動機の不純物を示される時。
飲酒と適当なもののない同じカトリック教の国で、あるハンガリーへのそれが法王に追放を宣告したことを、攻撃します。
当初、それはエルサレムの回復のために狙いを定められる十字軍でした。
しかし、異教と完了した教会と地元の支配軍隊はキリスト教徒から見た異教徒とPapal法廷によって十字軍とともにより最近であると言われるようになりました。
アルビジョア十字軍はそのような例として知られていて、ヨーロッパで非難されます。
そのうえ、十字軍は純粋に軍人だけから構成されていませんでした。
巡礼者と女性、子供、売春婦を含む雑多な人間は、係員の他に加えられました。
騎士は巡礼者の保護を得ようと試みました。
しかし、退屈なものになった場面は戦いの時に見られました。
エルサレムの方の民間の巡礼者(用意を整えた巡礼者死体)の運動は、十字軍とともに活発になりました。